タカシマ歯科・矯正歯科 大阪の矯正歯科(歯列矯正)・一般歯科・小児歯科

タカシマ歯科 Takashima Dental & Odthodontic Clinic電話でのご予約は・お問い合わせは 06-4863-5081

インプラント

タカシマ歯科・矯正歯科では患者さまの様々なご要望にお答えするために、インプラント治療を従来より行っております。

一方でインプラント治療に興味はあるが、入れ歯治療やほかの治療法で歯を残して治療できませんか?というご相談をいただくことも良くあります。

実際に、インプラント治療は現在の歯科治療の方法の中でも先端の治療のひとつでありますが、当院ではインプラント治療とともに、他の治療法も合わせてご提示し、ご説明した上で、どの治療法が最も適切か患者さまとご相談しながら決めるというスタイルをとっております。

自分にとってどのような治療方法が最も適切か良くわからないという方は一度ご来院ご相談いただければ、お答えさせていただきます。

インプラント治療とは

インプラント治療は、歯肉の内部にある顎の骨に金属製の人工歯根を埋め込みその上に人工の歯などを取り付ける治療方法です。
インプラント治療では歯の根っこを作製することにより、噛む力に対して、健康な歯と同じくらいに支えることができます。それにより、確かな噛みごたえを得ると同時に、健康な歯に過剰な負担を負わせず、痛めることがありません。つまり噛み合わせの崩壊スパイラルにストップをかけることが可能となります。

ブリッジの場合の治療 部分入れ歯の場合の治療 総入れ歯の場合の治療

歯が一本だけ抜けている場合、これまでのブリッジという方法では両隣りの歯を削ります。
インプラントは両隣りの歯を削る必要はありません。

歯が一本以上抜けている場合、部分入れ歯だと残っている歯でかむ力の大半を支えなければならず、健康な歯への負担が大きくなります。
インプラントにすれば、力を分散することができるため健康な歯への負担を少なくすることができます。

総入れ歯の場合、固定源となる歯が無いため、動きやすく、痛みを伴いやすいため、しっかりと噛むことが困難です。
インプラントを固定源とすると、総入れ歯は動きにくくなり、痛みを伴う副次的作用に煩わされにくくしっかりと噛めるようになります。

噛む力が均等になります。だから健康な歯も元気でご飯もおいしく食べられます。

高島歯科・矯正歯科 院長:高島全
〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-4-7 TEL:06-4863-5081/FAX:06-4863-5082
Copyright (c) Takashima Dental & Orthodontic Clinic All Rights Reserved.